ニュース

名探偵コナン劇場シリーズ人気投票開始!

名探偵コナンニュース

劇場版名探偵コナン『緋色の弾丸』の公開が4月17日からとなっていますがそれに先駆け、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」では「劇場版名探偵コナン」の人気投票を実施しています!

一番多く票が集まった作品を2020年2月7日放送の「金曜ロードSHOW!」で放送するとのこと…!

 

どの作品が一番多くあつまるでしょうか?投票期間などを含めて簡単に紹介します!

投票期間

2020年1月10日の午前6時40分~1月20日の午前10時まで!

10日間の間でどの作品が放送されるか決定されるので、好きな作品に投票して応援しちゃいましょう!

場所は【金曜ロードショーの投票ページ】から!

投票対象作品

以下では投票対象の作品を紹介していきます。金曜ロードSHOWで過去3年以内に放送した作品は対象外とのこと。

好きな作品があるといいですね♪

時計じかけの摩天楼

コナン映画の記念すべき第1作目!

映画のキャッチコピーは「真実はいつもひとつ!」コナン君がいつも言うやつですね♪

この話は、爆破事件に蘭が巻き込まれて、爆弾処理を行ていく話なのですが、最後に赤い糸が切れなくて…という蘭がまた可愛い!

14番目の標的(ターゲット)

1998年4月18日に公開された映画で、キャッチコピーは「次に狙われるのはだれだ!?」です。

犯人は13から1までの名前や名前の感じに数字などが含まれる人が標的となり狙われていくのですが、

その標的の中にはアニメでも馴染みある、目暮十三、英語理、阿笠博士、毛利小五郎、白鳥任三郎、工藤新一なども含まれていました!

また、毛利小五郎がなぜ昔妃英理を撃つ必要があったのか!?その真実も明かされています。

瞳の中の暗殺者

2000年に公開された映画、キャッチコピーは「蘭の瞳に隠された狙撃犯(スナイパー)を探せ!」です。

警察を拳銃で狙う事件が連発し、蘭が事件の犯人を見ますが、強いショックを受けて一部の記憶を忘れてしまいます。

そんな中蘭も犯人に狙われてしまって…!?という話で蘭を助けるべくコナンが解決していく話です。

天国へのカウントダウン

2001年に公開された映画で、キャッチコピーは「脱出不可能!危険な罠の時間を止めろ!!」です。

なんと黒の組織が映画シリーズに初登場!新一と蘭の恋愛要素を少し抑え、少年探偵団が活躍する話です♪最後に少年探偵団みんなでビルからの脱出を試みるシーンは必見です!

銀翼の奇術師(マジシャン)

2004年に公開され、キャッチコピーは「運命だったのさ、俺たちの出会いはな…」「これが、運命なのか…」です。

怪盗キッドがメインのお話。怪盗が工藤新一に変装したり、コナンとキッドが共闘して飛行機を操縦したり…?といった話です。

水平線上の陰謀(ストラテジー)

2005年に公開され、キャッチコピーは「忘れはしねぇよ、オマエのことだけは…」「お前を絶対に守る」です。

この作品は、いつも眠りの小五郎となる、おっちゃんが、初めてほぼ単独で犯人を追いつめていくという作品に!

船の爆発の最中、娘を先に避難ボートに乗せてなお事件解決に向かうおっちゃんがかっこいい!と思える作品。(でも結局蘭は船の中にいて、さらにひと騒動)

探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

2006年に公開され、キャッチコピーは「探偵たちよ、安らかに眠れ」「さよなら、コナン」です。どきっとしちゃうキャッチですよね。

全レギュラーメンバーがほぼ勢ぞろいした作品として制作されています。平次や怪盗キッドなども登場し、ファン歓喜の作品は、原作者の青山剛晶さんの要望で誕生したそう。

紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

2007年に公開され、キャッチコピーは「そこに浮かぶのは、誰だ…」「コナン君、どこにいるの?」です。

毛利蘭と、鈴木園子の友情がテーマとして書かれたこの作品は、鮫なんかも出てきて2人が危険にさらされます。海賊たちが残した謎を解き明かす!ドキドキするシーンが沢山です。

戦慄の楽譜(フルスコア)

2008年に公開され、キャッチコピーは「この歌声を、消させはしない。」「この指が奏でるのは、真実を導く旋律(しらべ)…」です。

工藤新一と毛利蘭の過去のエピソードで中学生時代の2人の喧嘩なども描かれています。この作品から著名人がゲスト声優として出演するようになったそうな。

漆黒の追跡者(チェイサー)

2009年に公開され、キャッチコピーは「逃げ切れねぇ、か…」「江戸川コナン最も危険な事件」です。

新一の指紋とコナンの指紋が照合されて一致される…!?黒の組織でもその同一性に気が付いているのは、劇中に登場するアイリッシュとベルモットだけ…どうなるコナン!?というハラハラする展開の作品

沈黙の15分(クォーター)

2011年に公開され、キャッチコピーは「生き延びるんだ、絶対に…」「ラスト15分、予測不可能!」「生きてたら、また会えるぜ。」です。

コナンが事件解決のために起こした雪崩に巻き込まれてしまう、雪崩に巻き込まれた際のタイムリミットが15分、どうやって危機を救うのか…!?という最後の最後まで要チェックです。

11人目のストライカー

2012年に公開され、キャッチコピーは「オマエら、ちゃんとついて来るんだぞ!」「フィールド震撼!その謎にニッポンが熱くなる!」です。

この作品ではプロサッカー選手が本人役として声優に参加しており、三浦知良選手、遠藤保仁選手、楢崎正剛線湯、中村憲剛選手、今野㤗幸選手の5人が本人役としてコナンと共演しています。

毛利小五郎に恨みを持つ犯人が、爆弾を仕掛け大がかりな事件を起こす、Jリーグ全てを巻き込む巨大な陰謀にコナンが挑んでいく作品

絶海の探偵(プライベート・アイ)

2013年に公開され、キャッチコピーは「それ、マズくね!?」「限界突破!究極のスパイミステリー」「危険すぎる緊急ミッション!指標的は日本全土!」です。

海上自衛隊全面協力のもと制作された作品で、物語も、海上自衛隊によるイージス護衛艦「ほたか」の体験航海が開催されたところから始まります。蘭が船から海に堕ちて大ピンチ、早く見つけてあげて!とそわそわしながら見守った作品です。

異次元の狙撃手(スナイパー)

2014年に公開され、キャッチコピーは「奴…だったのか!?」「工藤新一、遊びは終わりだ!」「遊びは終わりだ、名探偵。」「夜空の貫く正義の弾丸!その眼に映る禁断の謎ミステリー」「ターゲットは誰だ!?暴かれる長期剣な真実!!」「禁断の真実への扉が、いま音を立てて開きはじめる…!」

原作よりも先に映画にて展開をネタバレするという初の試みが行われました。2020年に公開される『緋色の弾丸』でもキーパーソンとなる赤井秀一が、冲矢昴として登場、この作品で冲矢昴=赤井秀一ということが判明しました。

業火の向日葵

2015年に公開され、キャッチコピーは「華麗な芸術的ミステリー!」「オマエは解けるか…この芸術が!」です。

かの有名なゴッホの絵画、ひまわりが物語のキーとなっています。怪盗キッドの登場する作品で、最終的に危機に見舞われた蘭をハングライダーで連れ出す姿に、蘭は新一を重ねます。そんな中コナンは一人大ピンチに…??まさか死んじゃうの…?ドキドキという展開が待ち受けています。


今回投票が行われるのは以上の15作品です♪

皆さんは何に投票しますか?私はやはり2020年の『緋色の弾丸』に向けて、赤井秀一とかかわりのある作品、『異次元の狙撃種』なんかが盛り上がってくるのではと予想しますがどうなんでしょう…♪

金曜ロードSHOWでも見れるのが楽しみですね!